GZ52

  • 色調見本

    グレー~黒
    (他の色調はご相談ください)
    img
  • 亜鉛含有率

    80%
    (代表値)
  • 推奨膜厚

    20μm
  • 形態・系統

    1液エポキシ系

PURPOSE OF USE使用例

  • 低光沢処理(りん酸亜鉛処理)面の傷・切断面の補修
  • 低光沢処理(りん酸亜鉛処理)鋼材の、周囲との色調合わせが必要とされる部位
  • 溶融亜鉛めっき鋼材の光沢を抑えたい部位

PERFORMANCE性能

マンセル値
基準色
N3.0/3.3/3.5/3.7/4.0/4.5/5.0/6.0
※上記色以外の色調についても受注生産にて承ります
乾燥時間
(1回塗り/23℃)
5分
通電性(導電性)
あり
RoHS指令
RoHS2.0対応
  • カタログ/成分表/仕様書など img
  • 使用事例や技術情報、最新情報をコラムでご紹介 img
img
PRODUCTS 容量/ケース本数/塗面積

ラインナップ

img

エアゾールスプレー

製品名 容量 数量(ケース) 塗面積
ジンクブラックスプレー 300ml 12本入 色調によって変わります
※塗料缶は受注生産にて、ご希望の容量で製造いたします(基本容量1Kg、4Kg、20Kg)。

対応シンナー

製品名 容量 数量(ケース)
ジンクシンナーN 1L 10缶入
3L 4缶入
16L 石油缶
FEATURES OF THE PRODUCTS 製品特徴
01

低光沢処理・黒色めっき鋼板への補修用塗料

低光沢処理(りん酸亜鉛処理)とは、溶融亜鉛めっきの光沢低減、意匠性向上、環境調和などを目的とした化成処理です。
その鋼板も傷部や切断・溶接部の鋼材面が露出するため補修が必要です。そこで低光沢処理鋼板の補修のために開発された製品が「ジンクブラック」です。
02

鋼材の色調に合わせて選択可能

低光沢処理鋼板は処理液により色合いが微妙に異なります。そのため、ジンクブラックは現場の鋼材に可能な限り合わせた色で補修していただけるよう、N3~N6の幅で選択ができるようになっています。
03

塗料缶は必要量を受注生産、スプレーは1本から販売

フルオーダーで現場の鋼材に合わせて色調明度を選択でき、スプレーは1本から、塗料は100gから対応可能です。そのため、ジンクブラックはお客様のお話を伺ってからの生産を基本としています。
IMPORTANT POINTS 使用上のご注意
下地が溶融亜鉛めっき及び、
防錆処理済みのものにご使用ください。

ジンクブラックには亜鉛粉末が含有されておりますが、鉄の地肌に直接塗布する場合(細かい傷は除く)は、当社製品のジンクリッチペイント(ジンクZ96推奨)を下塗りしてからご使用ください。
詳しくはこちらの「ジンクブラック塗装仕様書」をご確認ください。

前処理について

img

ワイヤーブラシ等を使用して、汚れ・付着物を除去してください。
また、塗装直前に脱脂を必ず行ってください。
必要に応じて、ペーパーなどで塗装面の目荒らしを行ってください。

塗料缶について

img
img

開缶

  • 塗料缶は横に倒さないでください。センターキャップから塗料が漏れる恐れがあります。
  • 使用時は、小缶は缶蓋を、一斗缶は天板を開けてください。センターキャップから開けると十分に攪拌することができません。
img

攪拌

塗料を攪拌する際は、動力攪拌機を使用することを推奨します。完全に沈殿物がなくなり、全体が均一になるまで攪拌してください。
攪拌は使用中や、シンナーで希釈した際にも都度行ってください。

希釈

塗料缶はすべて塗装に適した粘度に調整しており希釈は不要です。
ガン塗装される場合は、塗料重量の10%以下で希釈してご使用ください。
溶剤が揮発し粘度が上がった際は、専用シンナー(ジンクシンナーN)で粘度を調整してください。

エアゾールについて

攪拌

使用前にスプレー缶をよく振って、カラカラと音がしてから20回以上続けて振ってください。使用中も時々振って攪拌してください。

img

目詰まり防止

使用後や途中で止める際は、エアゾール缶を逆さまにして2秒ほど空吹きをしてください。
詳しくは、[エアゾール缶の詰まり防止について]をご参照ください。

FAQ よくあるご質問
鉄素地に直接塗っても大丈夫ですか?
色調が濃くなるほどカーボン添加量が増えます。カーボンは通電性があるので、亜鉛の邪魔をして防錆性能が落ちます。
そのため、N3.0のような色調が濃いものを使用する場合は、下地にジンクZ96を塗ってから塗装することをお勧めします。
受注生産品の場合、納期はどの程度ですか?
2~3週間程度、お時間をいただいております。
黒系の色調以外にも調色は可能ですか?
グレー色をベースとした茶色や濃い青・赤などの調色が可能です。ご希望の場合は一度お問い合わせください。
在庫はありますか?
事前に在庫状況をお問い合わせください。
どれを選んだらいいのか分かりません。
低光沢処理したときのタグ(金え符)や鋼材の端材があるようでしたら、それを当社まで送っていただければ選定することも可能です。

CONTACT US

常識にとらわれない発想と技術で、お客様の期待を超える新しい価値を創造し、溶融亜鉛めっきを支えるベストパートナーとなることが当社の使命です。
そのためにも、お客様とのコミュニケーションを大切にしながら、今後も、皆様からの要望をもとに、商品の開発や改善、サービスに活かしてまいります。

0120-971-834 平日 9:00~17:00

FAX:03-3232-6953

24時間受付