マザックス

  • 色調見本

    シルバー
    img
  • 亜鉛含有率

    80
    (アルミニウム6%・
     マグネシウム3%)
  • 推奨膜厚

    50μm
  • 形態・系統

    1液エポキシ系

PURPOSE OF USE使用例

  • 高耐食めっき鋼板などの補修
  • 亜鉛めっき鋼材の溶接跡、切断面、穴あけ加工、亜鉛のタレ、傷、不めっき箇所等のさび止め補修
  • めっき槽に入らない大型構造物や、熱歪の出る薄物への亜鉛めっきの代替
  • 鉄塔、船舶、橋梁、電気設備など古くなってさびの出始めた亜鉛めっきの延命補修塗装
  • 鉄鋼材の長期的防錆
  • 古くなった亜鉛めっきのリフレッシュ

PERFORMANCE性能

マンセル値
N7~7.5近似
乾燥時間
(1回塗り/23℃)
15分
上塗り
対応 ※ミストコート推奨
※アルキド樹脂・フタル酸樹脂・脂肪油除く
鉛筆引っかき硬度
HB
通電性(導電性)
あり
RoHS指令
RoHS2.0対応
  • カタログ/成分表/仕様書など img
  • 使用事例や技術情報、最新情報をコラムでご紹介 img
img
PRODUCTS 容量/ケース本数/塗面積

ラインナップ

img

エアゾールスプレー

製品名 容量 数量(ケース) 塗面積
マザックス®スプレー 300ml 24本入 0.6㎡/本
※塗面積は推奨膜厚50μm時の理論値
img

ミニ缶

製品名 容量 数量(ケース) 塗面積
マザックス®ミニ 0.1Kg 12缶入 0.32㎡/缶
※塗面積は推奨膜厚50μm時の理論値
img

塗料缶

製品名 容量 数量(ケース) 塗面積
マザックス® 1Kg 6缶入 3.15㎡/缶
5Kg 2缶入 15.8㎡/缶
20Kg 石油缶 63.1㎡/缶
※塗面積は推奨膜厚50μm時の理論値

対応シンナー

製品名 容量 数量(ケース)
ジンクシンナーN 1L 10缶入
3L 4缶入
16L 石油缶
※夏場またはダストの発生が多い場合は「ジンクシンナーSA」をご使用ください。
FEATURES OF THE PRODUCTS 製品特徴
01

JIS系合金めっきの補修に対応

亜鉛、アルミニウム、マグネシウムを含有した高耐食性鋼材に対応した補修剤で、乾燥塗膜中に6%のアルミニウムと3%のマグネシウムを含有しております。
02

緻密な塗膜形成

アルミニウムとマグネシウムを50:50で合金にした合金粉末を使用することで、粒径を平均45µmまで抑えることに成功。さらに亜鉛粉末、亜鉛フレーク粉末を併用することで、より密度の高い緻密な塗膜を形成します。
03

薄膜でも圧倒的な防錆力

乾燥膜厚50µmでも優れた防錆力を発揮し、ライフサイクルコストの低減が期待できます。
TEST RESULTS 試験結果

腐食促進試験でマザックス®が優れた防錆力を示しました。

複合サイクル試験(CCT)

  • ・試験方法:SPCC-SDにそれぞれDry50μm塗布し、無塗装の溶融亜鉛めっき鋼板(HDZ55)との比較を行った
  • ・試験時間:160サイクル
溶融亜鉛めっき 他社亜鉛アルミ塗料 マザックス®
160サイクル試験後 img img img

製品のお問い合わせはこちら

IMPORTANT POINTS 使用上のご注意
鉄・亜鉛めっき面に
直接塗ってください。

ブラストまたは動力工具を使用して、さび・旧塗膜等を除去し、清浄な金属面を露出させてください。
プライマーは不要です。
また塗装直前に脱脂を必ず行ってください。
詳しくはこちらの「マザックス®塗装仕様書」をご確認ください。

塗料缶について

img
img

開缶

  • 塗料缶は横に倒さないでください。センターキャップから塗料が漏れる恐れがあります。
  • 使用時は、小缶は缶蓋を、一斗缶は天板を開けてください。センターキャップから開けると十分に攪拌することができません。
img

攪拌

塗料を攪拌する際は、動力攪拌機を使用することを推奨します。完全に沈殿物がなくなり、全体が均一になるまで攪拌してください。
攪拌は使用中や、シンナーで希釈した際にも都度行ってください。

希釈

塗料缶はすべて塗装に適した粘度に調整しており希釈は不要です。
ガン塗装される場合は、塗料重量の10%以下で希釈してご使用ください。
溶剤が揮発し粘度が上がった際は、専用のシンナー(ジンクシンナーN)で粘度を調整してください。

エアゾールについて

攪拌

使用前にスプレー缶をよく振って、カラカラと音がしてから20回以上続けて振ってください。使用中も時々振って攪拌してください。

img

目詰まり防止

使用後や途中で止める際は、エアゾール缶を逆さまにして2秒ほど空吹きをしてください。
詳しくは、[エアゾール缶の詰まり防止について]をご参照ください。

上塗りについて

上塗り可能塗料

エポキシ系、ウレタン系、フッ素系、アクリル系など
※フタル酸系、アルキド系及びそれらを変性させた塗料は上塗りできません。
※上塗りにはミストコート処理が必要です。

FAQ よくあるご質問
高耐食めっき以外にも使えますか?
もちろん使用できます。
ミストコートって何ですか?
ミストコートとは、上塗りする予定の塗料(主にエポキシ)をシンナーで50%程度希釈して、物を塗装することを言います。
このミストコート処理によりマザックス®の塗膜中に含まれた空気をあらかじめ置換して、その後の塗装で発泡しないようにすることができます。

その他のご質問はこちらをご参照ください

CONTACT US

常識にとらわれない発想と技術で、お客様の期待を超える新しい価値を創造し、溶融亜鉛めっきを支えるベストパートナーとなることが当社の使命です。
そのためにも、お客様とのコミュニケーションを大切にしながら、今後も、皆様からの要望をもとに、商品の開発や改善、サービスに活かしてまいります。

0120-971-834 平日 9:00~17:00

FAX:03-3232-6953

24時間受付