開発秘話・ケーススタディ

CASE STUDY

ケーススタディ

高所作業車両の下回りの補修

車両下回りの課題

お客様にて、高所作業車両の下回りの防錆について、他社某防錆処理を施すも以下の問題を抱えていました。
・石等の当たった個所から劣化する
・沿岸部・寒冷地で使用する車両の劣化が激しい
・経年でひび割れが発生する
・塗布量が多く、車体重量に影響が出る
・有害な物質が含有されており、環境対応の視点から今後継続的な使用が困難

そこで防錆力の高い、本案件に適した補修塗料を探しておられました。

改善提案と採用理由

上記の課題に対し、改善提案として、当社は「変性エポNEXT」をご紹介いたいました。

お客様から「変性エポNEXT」の高速道路関連の実績を高く評価いただいたこともあり、信頼度の高さと安心感の理由からご採用いただきました。

塗装後3年経過の状況とお客様のご感想

塗装され3年経過した後のお客様のご感想・ご意見は以下の通りです。
・塗装個所は良好な状態を維持しており、ひび割れもない。
・沿岸部・寒冷部の車両でも劣化は見受けられず、防錆効果の高さを見て感じとれる。
・色がグレーと黒があるためを使い分けができ、工具箱や車両荷台部分にも使用しているが、全く問題ない。
・従来品よりも塗布量が薄く、車体重量への影響も少ない。

今後も「変性エポNEXT」を積極的に使用していきたいとお言葉をいただき、現在も引続きご愛顧いただいております。

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-15-11
イーストンビル西早稲田2F

電話でのお問い合わせはこちら

0120-971-834
メールマガジンの
登録はこちらから

【PCからのご登録】
こちらをクリック

【SPからのご登録】